スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークはじわじわ効いてくる

今日は東京は晴れてとても気持ちがいい日でした。
みなさんはどう過ごされましたか?

さて昨日友人とバイロン・ケイティのワークのセッションをしました。
彼は上司に対して怒っていました。
彼の上司はよく分からないことを口にしたり、知っていて当然のことを色々聞いてきたり、
彼には、仕事の出来ないバカな上司に見えていたんですね。


セッションの中で、その上司をバカだと信じているとき、一体どんな反応をするのか聞いてみると、反応のひとつとして彼は、「いかに上司がバカなのかを他の人(さらに上の上司とか同僚とか)に知らしめて、その上司に罰を与える。」と言いました。
その上司に罰を与えるとどんな良い事が起こるのか聞いてみると、
「周りの人に自分はこの上司とは全く違うということを証明できる」と答えました。


何故だか分からないけれど、「自分の嫌いな素質を持った人を見ると攻撃をしたり、罰を与えることで
自分は彼とは違うということを証明できるし、また証明しなければならない」
と彼は信じていて、その無意識の思考に従って自動操縦のように動かされていたのでした。

これは、自分の中の抑圧したもの(自分は本当はバカかもしれないという疑い)を見たくないから相手を攻撃するという、抑圧と投影のもたらす混乱ですが、この混乱を自分のことばでこうだったんだ!と気づかせてくれるワーク、やっぱりすごいなと思いました。


さて、今日になり、その彼のワークがじんわり私の中に響いてきました。
「私も彼と同じ方法で、自分を守ろうとしているな」とふっと実例で思い当たったのです。

それが、「癒し」に対する私の抵抗感と結びついたので、今日はそのことを書こうと思います。


私は、かつて自分を癒そうと必死でした。
何故ならば傷つきやすく、怒りっぽく、全く心穏やかになれない自分のことが受け入れられなかったからです。いつか、頑張れば、どんなことが起こっても、むやみと反応しない心穏やかな人間になれるのではないかと信じていたのです。
というか、そうなれば自分の苦しみが終わると思っていたのです。

だから、セラピーとか癒しというものにものすごく「頑張って」向き合ってしまったんですよね。
「一生懸命にやればより早く癒しが進む」みたいに。


ご想像の通りですが、そのように無理やりに自分の気持ちを無視して「癒し」を推し進めることは、
癒しでもなんでもありません

癒しどころか、「脅し(おどし)」です。


このように私に脅されまくった為に、私の中の傷ついた子は私のことが全く信じられなくなり、セラピーや癒しに嫌悪感を抱くようになりました。

「どうして無理やりに癒されなければいけないんだ!」
腹が立って、嫌になって、今まで行っていたカウンセリングセッションを全部いったん止めました。
それまで書いていたブログも、溝口あゆかさんのところで学んだ心理学も、キネシオロジーもその他もろもろ癒しのツールすべてが嫌になってしまったんです。

「もう無理やり癒されたくない」「でも、この苦しみから楽になりたい。」「責められないで楽になる方法はないのかな」それが私の心の叫びだったのです。

するとぱたっと、ときが止まってしまいました。
あれれ?じゃ、私はどうしたらいいんだろう?進むべき道が全部消えてしまい、私は何も分からなくなってしまいました。


そんな時にふと、友人が前に話してくれていたヴィパッサナー瞑想のことを思い出し、合宿に参加してみることになったのです。


合宿では、指導者のゴエンカ師が毎晩講話を語ってくれるのですが(録音ですが)、じーんと心に響く言葉たちがありました。

私達は、これが嫌だとか、あれが欲しいとか常に嫌悪と渇望の反応を続けている。
ヴィパッサナーは、現実をあるがままに、反応せずに、観察する修行。

苦しみの原因は無知。
無知とはつまり、自分で真実を体験していないこと。無学、無能ではない。

人は、渇望、自分・自分のもの(肉体)、思考・宗派・教義・信仰(自分の考え方、信念)、儀式(自分自身で決めた生活パターン、反応パターン、どう生きるのが正しいのかという考え方とか)といったものに、執着をする。
こういったものを手放したくないから、苦しみを生む。

真実は、自分さえも存在しないということ。すべては流れ変化する。ただ生まれ、消えていく。一瞬一瞬物事は生まれ変わっている。一瞬として同じものは存在しない。これを、自分で体験し気づいた時、無知は消える。

最初は人の持ってきた火に水をかけようと思っているのに、やはり油をかけて反応してしまう自分がいる。知識だけでは変われないから。
心の奥底の心と身体の感覚が結びついたところで、心が反応しないように訓練していく必要がある。これがヴィパッサナー。

ヴィパッサナーは、ことが起きるままにまかせる無力なものでない。もしも強い行動、言葉が必要なら取る。その時はまず自分を調べる。本当に心は愛と慈悲でいるのか?本当に平静なのか?本当に一片の怒りもないか?



じーんとくることば一つ一つをかみしめながら、私のどこかで、「これはどこかで聞いたことがある」と思っていました。


それが、バイロン・ケイティのワークだったのです。

ケイティは、思考はただ表れるもの。それをコントロールすることは出来ないし、する必要もない。
ただ、無意識に信じてしまって苦しむターンを止めたいのなら、その考えが本当なのか質問してみるとよい。

というようなことを言っています。
これはヴィパッサナー瞑想における無知からの脱却です。
ただ、頭で理解するのではなく、実際に腑に落ちたときにその思考が本当だともう思えなくなる。
これが知識ではない本当の智恵。

私に、非二元への扉が開いた時でした。

「ああ、これだ!役に立つ思考とか役に立たない思考なんて一つもなく、どれもみんな平等で、どちらかをなくそうとしたり、どちらかを増やそうしたり、そのどれも必要ない。両者とも本当ではないのだから。でも、思考にとらわれることがなくなると、なんだかやさしくなるみたい。不思議だな。」

このように私の中でハートが共鳴し、以来バイロン・ケイティのイベントに通い続け今年で4年目になりました。


4年たち、様々なワークのセッションを経ていくうちに、私は傷ついた自分に再び会うことが出来るようになりました。そして、その子を完全に受け入れるとはどういうことなのかをようやく体験できるようになってきています。
無理やりに自分を変えようとしてきた自分自身が、今死を迎えているのです。

こうした大変化のプロセスの中で、思いがけず今日、癒しとバイロン・ケイティのワークの仲直りと融合が私の中で急に起こりました。

私にとって、癒しは「自分を苦しめている思考をみつけて、それを消してしまうこと」で、
バイロン・ケイティのワークは「自分を苦しめている思考をみつけて、それが本当ではないことに気づくこと」であり、両者は異なるものだと認識されていたのですが、どちらも一緒のことだったことが腑に落ちたのです。

どちらも、自分を苦しめている思考をみつけ、それを信じて苦しんでいる子がいるのなら、その思考が本当ではないことを教えてあげることだけでした。


ただ、私が苦しかったのは、私のアプローチの仕方が、苦しんでいる自分自身の声を無視した暴力的なものだったからだったのです。バイロン・ケイティのワークも同様のアプローチをすれば苦しいのです。
単純に、ツールを使っているときの私の自分自身との向かい合い方が問題なだけでした。


やっと、ここで昨日の彼のワークの気づきが、表れるのですが、私は「自分自身が無理やりに癒そうという冷たいアプローチをしていたので」それを癒しやヒーリング、セラピーというものに投影し、それらを毛嫌いし、批判し、自分はそれとは違うんだと証明しようとしていたのだと気づきました。

そして、やっと、自分の中で闘いが消え、平安が訪れました。


なんだか遠回りをして疲れただけのようでしたが、この一連の流れは、私にはとても必要なことでした。
私は自分自身がセラピストであった時の傲慢さに気づくことができたからです。

クライアントさんより自分は癒されているべきだ。
クライアントさんは自分自身に答えを持っていない、だから私が教え導かなければいけない。

というように、自分とクライアントさんを平等に見ていなかった私は、
ワークによって謙虚さをとりもどすことができました。


クライアントさんの中に、絶対の智恵があり、それをみつけるそのタイミングも、順序も、方法もぜんぶクライアントさんが分かっている。
私は自分自身がクライアントであるその経験をもとに、ただその場を保つだけ。
ただ、私は恐怖を持ったクライアントさんが接する唯一の他人だから、そこでクライアントさんに安全を感じてもらえるそういう存在でありたいと思う。
もちろん、カウンセリングや自分の苦しみを生む思考を探す仕事を何年もしてきたから、思考探しはクライアントさんよりちょっと上手かもしれないので、みつけるお手伝いは出来るけれど、それもクライアントさんの中から出てくるものだから、やっぱり私の手柄なんかではない。


そんな風に、クライアントさんに敬意を持って、その方の心に寄り添ってセッションが出来るようになったのは、ワークの経験のおかげなのです。


私はやっぱりワークのアプローチ法が好きなので、相変わらずワークのセッションを続けるのですが、「これはやってはいけない!!!」と今まで学んできたツールを敵視しなくてよくなって、私はすっかり自由になりました♪


ワークは、自分自身のものでなくても人のワークを聞くだけでも、じわじわ後から効いてくるのですね~☆

それではまた~!

< ★ お知らせ ★ >
セッションの予約は、現在受付をとりやめています。現在、新しいセッションをパワーアップしてお届けしようと準備中です。
新サイトを2月にオープンしますので、少々お待ちくださいませ☆


ブログランキング参加しています。
もしも記事を読んでいいな★と
思われたら↓ボタンを押してください。
応援いただけるととっても励みになります☆いつもありがとうございます☆
blogランキング投票ボタン
スポンサーサイト
お待たせしました☆ | Home | 実際に行動してみると思っていたよりずっと楽しい!

コメント

あきさん、お久しぶりです。
あきさんのブログは不思議とタイムリーに私がその時なやんでいることにリンクします。
あと、あきさんのワークも、その時スッキリしたり暖かくなっても、またあとでじわじわくるんですよね。
パワーアップ楽しみにしております。

2016/02/11 (Thu) 16:47 | まさこ #- | URL | 編集
ありがとうございます❤

まさこさん、こんにちは☆
お元気ですか~?

おおお~。じわじわ体験仲間ですね!
自分の中の智恵ってすごいんですよね。いちどそこにあることに気づくとあとは勝手に気づきを進めてくれるのでほんと助かりますよね。

はい。パワーアップWebサイトのお知らせ追ってこちらに載せますね♪
ありがとうございます!!

2016/02/11 (Thu) 18:41 | 田谷 あき #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。