スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対的な悪が悪じゃなくなることは怖い

皆さん こんにちは。

お久しぶりです。

日本に帰ってきてから、色々あってブログがなかなか書けないでいました。



どんなことがあったのかというと、

アメリカ滞在中に、非常に大きな恐怖(だと私が思っていた)体験をしました。


その経験から、

私は、誰かが感情的になって怒鳴ったり、強い口調で命令したりするのを見ると

身の毛もよだつほど、嫌悪感を覚える反応をしていることに気付きました。


この嫌悪感は相当強いもので、吐き気を覚え、その相手に怒鳴りたくなり、

どうにかしてその相手が間違っていることを徹底的に証明してやりたいという

非常に強い衝動に駆られるものでした。


そんな風に反応しているということは、どんなに相手が悪いように見えても、

自分をそこまで苦しめる思考が自分の中に存在し、それを大切にしているからだということは

よく分かっていました。


この苦しみから楽になりたいと思った私は、その問題についてワークをすることにしました。


しかし、です。

どれ程ワークをしても、どうしても、スッキリしません。

良い子ちゃんの私が出てきて、お決まりの答えを出して表面的にワークを終わらせようと

するからです。

ワークを続けていると、時々こうやってお利口なエゴちゃんが、

表面的な例を出して真実に自分が気付くことを避けさせようとします。



それに私は気付いていたのですが、どうしていいのか分からず

何度かワークを続けて、その後にもう嫌になってしまいました。

エゴの勝利です!

敗北した私は、相変わらず感情的に怒る人に対して、恐れ、嫌悪し、

批判を続け、避けるという今までのパターンにしっかりと飲み込まれて

日々を過ごしていました。

自己嫌悪と共にです。

でも、自分と闘うことを中断したので楽でもありました。


そうやって1,2週間を過ごしているうちに、ふと気付きがやってきました。

「自分にとって絶対に悪いものだと思っていたことが

悪者でなくなることが怖かったんだ」という気付きでした。


私は、ワークをして、その人に対して理解が深まり、その人を許してしまうことを

絶対にしたくなかったのです。


私が楽になるのは良いけど、その人を許してしまうのはだめ。

だから、その人を許さない範囲で私が楽になるワークをしよう、そういう感じでした。


そう、ワークをすると、誰も悪い人がいなくなるんです。

それはとても平和な状態です。


しかし、思考は私達を巧妙に騙します。

「悪を許したら、お前はやつらに利用されるだけだぞ。」

と脅すわけです。


ま、そんなこんなですっかり頑なになっていた私は、この気付きのお陰で

怖いけど真実に気付くために、まやかしではないワークをすることにしました。



そんなこんなで、真実に気付く過程でものすごい抵抗にあう体験は

乗り越えると清々しいです。


しかし、無理にするのは自分にやさしくないのだと思います。

今回のように、あきらめて、そんな自分と闘うことをやめることも長い目で見ると

一番の近道なのかもしれません。


やはり、自分にやさしく!が一番です。









ブログランキング参加しています。
もしも記事を読んでいいな★と思われたら↓ボタンを押してください。
応援いただけるととっても励みになります☆いつもありがとうございます☆

blogランキング投票ボタン

セッションのご予約、お問い合わせはflourish.session@live.jpまでお願いします。
スポンサーサイト
テーマ: 幸せに生きる | ジャンル: 心と身体
バイロンケイティのビデオイベントが日本で行われます! | Home | 明日こちらを出発します。

コメント

共感です!

 そうなんです。私も周りに不満を感じている時、その状況が改善してくれればと思いつつ、心の中では嫌いな人を絶対に好きになりたくないんです。嫌い嫌いと言っていたいんですよね。嫌いでなくなると、私のエゴが脅かされるのでしょうか?どういうメカニズムなのか、機会があったら詳しく取り上げてもらえると嬉しいです。

2013/05/05 (Sun) 23:52 | バジル #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

バジルさん、

コメントありがとうございます。

私の場合は、「『被害者の私』は正しくて、加害者は間違っている。」という物語が「私」であると

信じていたい自分がエゴちゃんな気がします。

エゴちゃんは、それが自分だと信じている間だけ存在できるので

決して消えたくないんです。

でも、物語の「私」は本当の私ではなくて、

それを観察している存在が本当の私なんだと、ここ数日で体感しました。

これについて近々ブログに書く予定です。

ちょっとお待ちくださいね~。

2013/05/07 (Tue) 21:01 | 田谷 あき #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。