スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション続き

ここのところ、エックハルトトールの、世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え

から引用させていただくことが多いです。


今の私にはものすごく私をクリアにしてくれる本です。


原題はStillness Speaks。静寂は語るといったところでしょうか。


この本に書いていない部分が私には語りかけてくる、そんな本です。


さて、その本を読みながら、先日のコミュニケーションの記事の続き

のような文章が出てきたので、今日はそれを紹介しようと思います。




人間関係に静止状態をもたらす、もう一つの方法は、心から、

相手に耳を傾けることです。心から相手に耳を傾けるとき、静止の次元が現れ、

それが関係の基盤になります。とはいえ、真に耳を傾けるのは、想像するよりも、

はるかに高度なテクニックです。たいていの人は、意識の大半を考えることに

費やしています。会話中、相手の話を評価しているか、次に自分が何をいうか

考えているというのが、せいぜいです。ときには、思考に没頭するあまり、

完全に上の空のこともあるでしょう。


真の聞く行為は、聴覚による知覚をはるかに超越しています。そのとき、

意識は研ぎ澄まされ、言葉がインプットされる場所、「在るスペース」が

表出してきます。そこでは、言葉は二次的なものになります。言葉が意義

深いことも確かにあるかもしれませんが、まるで辻褄が合わないこともあるでしょう。

話の内容よりもはるかに重要なのは、心から聞くという行為そのもの、そして、

そのときに現れる「在る意識」のスペースです。このスペースは、観念的な思考による、

分断のバリアなしに相手とのコンタクトを可能にする、統一の意識の場です。そこでは、

相手はもはや「他人」ではありません。そのスペースでは、あなたと相手は、

一つの意識となって溶け合っているのです。


ブログランキング参加しています。
もしも記事を読んでいいな★と思われたら↓ボタンを押してください。
応援いただけるととっても励みになります☆いつもありがとうございます☆

blogランキング投票ボタン

セッションのご予約、お問い合わせはflourish.session@live.jpまでお願いします。
スポンサーサイト
テーマ: 幸せに生きる | ジャンル: 心と身体
感情を感じ切ること | Home | 自然の与えてくれるもの

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ここのところ、エックハルトトールの、世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教えから引用させてい

2012/11/01 (Thu) 23:11 | まっとめBLOG速報

ここのところ、エックハルトトールの、世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教えから引用させてい

2012/11/01 (Thu) 23:11 | まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。