スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーションがうまくいかないのはナゼ?

このブログをお読みの方で、人との会話がなかなかうまくつながらなくて、

ちょっと話すと気まずい間が出来て、

どうも人は自分と話すのがつまらないと思っているように感じる方はいらっしゃいませんか?



私はかつてそうでした。

必死になって相手の気を引けそうな話題を持ってきて

(前にどこかで誰かがしていた話で受けていたものとか)

相手に合わせようとしているのに、ちっとも話が噛み合わない。

話せば話すほど間が持たない。

私も焦るけど、相手もなんだかそわそわ落ち着かなくなって最終的に

気まずい雰囲気に負けて、「ではまた~」なんて別れてしまう。

そんな感じでした。



その時は、自分ってつまらない人間なんだなぁ~、

ずっとこのままこんな風に生きていくんだろうな~と悲しくなったものです。

だから人があまり好きではなくなって、これ以上傷つかないように

人と接する場所に顔をなるべく出さず、なーんてことも続いていました。



しかし、会話がつながらなかった原因は、私がつまらなかったということではなかったんです。

なんと、会話がつまらなかったんです。



私は、すごいと思われたいとか、面白いでしょう~?とか相手に評価されることばかり

考えて話をしていたので、相手がなおざりだったんです。


相手が少し心を許して気持ちを話してくれても、それを自分の価値基準でダメだとか、

良いとか決めつけて、その人がどういう思いを本当に感じているのか慮ることをしていませんでした。


また、その話題について何かその人の役に立つような話題を提供しなきゃ、役に立たなくちゃと

気が急くあまりに、相手の求めていない解決方法を勝手に提供したり、相手の問題を分析したり、

相手のやり方を否定してみたり、ありとあらゆる相手の嫌がることをやっていたわけです。



相手が何かにチャレンジして失敗したことを面白おかしく話しているとき、

「えー?チャレンジ出来ることは素敵じゃないですか?羨ましいですよ。」なんて言ったとしましょう。


相手は、

慰められた、自分を惨めなやつだと思われた、なんか嫌だ

とか、

こっちは失敗したんだよ、ちっとも素敵じゃないよ、

とかとるかもしれません。

私は、勝手に自分の判断でこの人は慰めが必要と決めつけて慰めを押し付けたわけです。


もちろんこのやり方がピッタリ合う時もあります。人はそれぞれですから。


でも人はそれぞれだからこそ、自分の過去からの判断だけで、

次にとる行動や言葉を決めて全ての人に当てはめてもうまくいくはずありませんよね。



私はそれをやっていたんです。

目の前にいるその人は、どう感じているのか寄り添って感じてみたり、

こういう気持ちですか?と相手に確認したりすることをしないで、

はいはい、過去の事例から言うとこういう場合には相手を慰めるのが

優しいと評価されることが多かったよね、じゃあ、そうしましょう~と

反射的に反応していたのです。


ちなみに、これは全て一瞬の出来事です。

無意識のうちにデータに基づき行動する癖が私たちにはあるのです。



でも、人は皆違うんです。

どんなに似ていてもその人は、過去の誰とも異なります。


だから、その人と本当に心から触れ合い、交流をする必要があるんです。

そうしないと、ピントハズレのつまらない会話になってしまいます。

はっきりと理由は分からないけれど、「この人は私の気持ちには興味ないんだな。」

と相手は感じることになります。


だから会話していても楽しくないんですよね。



私が、過去のデータに頼らず、その人自身の心に寄り添ったとき、

私は何もすごいことは言えませんでしたが、相手にはそれが伝わりました。

そして、ずっと私たちは話し続けました。

もう変な間はありませんでした。



私たちはつまらなくありません。

どんなに面白い話が出来なくても、です。


相手の気持ちに寄り添いながら会話をするとき、

私達の会話は面白くなります。本当です。

ブログランキング参加しています。
もしも記事を読んでいいな★と思われたら↓ボタンを押してください。
応援いただけるととっても励みになります☆いつもありがとうございます☆

blogランキング投票ボタン

セッションのご予約、お問い合わせはflourish.session@live.jpまでお願いします。
スポンサーサイト
テーマ: 幸せに生きる | ジャンル: 心と身体
自然の与えてくれるもの | Home | パターンに気付く

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。