スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責めると逆効果

私達はよく人を責めますよね。

相手の悪いところを指摘すると魔法のようにそれが直ると信じているかのように。

もしくは自分が監視していれば相手がそれ以上、悪くなることはないかのように。


これは無意識のうちに「怒られると嫌な思いをするからもう二度としなくなるだろう」

なーんて思っているからですよね。

力によるコントロールです。



でもそれって大抵逆効果ですよね。

責められた方は責められたことが嫌で反発するので、素直にその指摘を受け入れることはほぼありません。

特に自分でも罪悪感を感じていることならなおさらです。


例えば親子の会話

親「どうして~~が出来ないの?」

子(責められたと感じて)「やりたくないんだよ!ほっといてよ。」

親「○○ちゃんは出来てるのに。」

子(無視。)


このときの気持ちは

親 ~~が出来ないとよくないに違いない。直してあげなくては!

子 分かってるよ。どうせ私はだめなんだよ。

親 大切さがわかっていないのかも知れない。他の子もやっていると言えばやる気になるかも!

子 また比較だよ。どうせ私は出来ない子ですよ。あーあ。私を傷つけるためにやってるに違いない。


なんて感じでしょうか。


実は親も子も求めていることは同じもので、「~~が出来るようになる」

(親はそれを助けたい)なのに、

コミュニケーションの失敗でもの別れに終わってしまっていますよね。




これが相手を責めない姿勢で向かい合ったらどうでしょうか?


親 ~~が出来てないみたいね。

子 うーん。ちょっとそのことはほっといて。(ツンとした態度)

親 そのことはあまり触れてほしくないのね。

子 うん。だってどうやってやったらいいのか分からないし、考えると嫌になっちゃうんだもん。

親 やり方が分からなくて、出来ないことが自分でも嫌になってるのね。

子 うん。他の子はみんなちゃんと出来てるのに。

親 他の子と比べて自分はだめなんじゃないかと思ってるのね。

子 うん。だからもうやる気がなくなっちゃって。

  …でも、やるしかないもんね。もうちょっと頑張ってみるよ。

親 うん。がんばって。


こんな感じにうまくいくことが多いです。(実際にはもっと長い会話かもしれませんが。)


責められないで、自分の気持ちを理解してもらえると私達は大抵

心を開いて自分の本音で話をしてみようかなという気になるものですよね。

そうやって人に話しているうちに自分の気持ちが整理されてきて

なんとかなりそうな気持ちになったりするんですよね。



私達が自分を責めるときもこれと全く同じことが起こります。

「なんでもっと早くから準備しておかなかったんだろう」

「どうしてあの時こうしなかったんだろう。」

そんな風に自分を責めると、苦しくて逃げたくなって

(この場合は責める人が自分なので逃げ場がありません。)

TVを見たり、何か食べたり、お酒を飲んだり、周りのせいにしたりして

自分の考えを「自分を責める」ことから引きはがそうとします。

人と違って物理的に自分と距離を取ることが出来ないから自責というのは

やっかいなやつなのです。



そこで、自分の場合も責めない姿勢で対話してみるとどうでしょうか?

自分1 そろそろあれやった方がいいんじゃないの?

自分2 分かってるんだけど、考えたくないんだよね。

自分1 考えるのも嫌なほどストレスなんだ。

自分2 そう。もうそのことを考えるとむしゃくしゃして
    
    やたらとお菓子とか食べたくなるんだ。

自分1 もう考えるのに疲れちゃったんだね。

自分2 うん。どうしていいのか分からなくて。

自分1 自分でもやらなくちゃいけないって思ってるんだね。

自分2 うん。それでもう2週間も何も出来ないでいるんだけど

    そんな自分が嫌で、情けなくて。

自分1 フラストレーションがたまってるんだ。

自分2 うん。でも上手にやろうと思いすぎているだけなのかもしれない。

自分1 自分にプレッシャーを与えすぎたのかもって思ってるのね。

自分2 うん。難しく考えすぎてたのかも。もうちょっと気楽に考えてみてもいいかも。

自分1 そうだね。

自分2 そう考えたらちょっと楽になってきた。ちょっとやってみようかな。

自分1 うん。やってみようか。



こんな感じです。



私達は基本的に同じことを求めているのに、それが伝わりにくいために反発しあったりします。

それを自分の中でもやっていることに気付いたら

自分同士なのですから、ここは自分に一歩譲って責めるのをやめてみて

会話を始めてみるとよさそうです。


「責める」ことは逆効果なので。



ブログランキング参加しています。
もしも記事を読んでいいな★と思われたら↓ボタンを押してください。
応援いただけるととっても励みになります☆いつもありがとうございます☆

blogランキング投票ボタン

セッションのご予約、お問い合わせはflourish.session@live.jpまでお願いします。
スポンサーサイト
テーマ: モノの見方、考え方。 | ジャンル: 心と身体
コミュニケーションを学ぼう | Home | ワークショップの日程変更となりました!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。