スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やらなければいけないことが出来ていない私はダメな私!

やらなければいけないことがあるのに、疲れていて身体が動かない時、気持ちが乗らない時、それを出来ていない自分を責めたりしませんか?

私はよくやります。
しかも、それをだんなさんにも強要しちゃったりします。(ゴメンネ!)
最近色々なことがきっかけで、気になっていたそのことが、今日瞑想してたら、その問題が湧きあがってきました。(ヴィパッサナー瞑想ほんと良いです。おすすめです。)

以下私の頭の中の会話です。笑

やらなければいけないことがあると思えば思う程、やりたくなくなる。(そのこと自体はやりたくないわけではない。むしろやったら良い結果が出ると思ってるし、やりたい)
           ↓
どうしてかな?完璧に出来ていなければいけないと思っているから?
           ↓
いつも何か達成していなければいけないと思っているみたい
           ↓
いつも何かを達成していなければいけない。ホント?(バイロンケイティのワーク)
           ↓
そう思っていることを再認識。(そっかぁ)
           ↓
何かを達成しようとすることはいいことだ。ホント?
           ↓
うーん。ナルホドそう思っているのね。
           ↓
何かを達成しようとすることは悪いことだ。(バイロンケイティのワーク、置き換え)
           ↓
そうだよね。「何かを達成しなければ!」というプレッシャーのせいで結局出来ていないのならば、そうしようとすることは悪いことかも。
         
というように頭の中のごちゃごちゃを整理してみました。
(こうやって自分に問いかけてみるまで、自分でも自分が何を考えているものか分からないものですね。)
そうして、気付きました。私はいつも自分を「判断」しているのだなぁと。

人間ですから、自分のまわりに起きる出来事や人々の行動を判断するのは自然なことです。
これは自分にとって安全か?危険か?そういうとっさの判断が命を救うからです。

でも、どうも私は、起きている事象ではなくて、「自分自身を」常に「良いか悪いか」で判断しているようなのです。それは判断というよりはむしろ「監視」です。

「私は放っておいたら「ちゃんと」出来ない悪い子だから、良く出来ているかどうか監視していなければ」そんな風に無意識に思っていたようです。

ふむふむ。段々自分のことが分かってきました。なるほどなるほど。

私はやるべきことをやり始めると、途中ですぐ休みたくなったり他のことで気を紛らわそうとしてしまうのですが、これはおそらく、やりかけで完璧でない状態の自分を「悪い。ダメ。」と判断しているからでしょう。
まぁなんと、大変な生き方!

そうやっているうちに、やりたくて始めたことでも「やらなくてはいけないこと」、しかも「途中経過であっても完璧でなければいけないこと」に変わっていき、途中なので失敗したりうまく行かなくても当然なのに、「なんでちゃんと出来ていないの!」と自分を責め、嫌になって、それを始めようと考えるだけで気が重くなっていたようなのです。

わぁお。
これはすごい発見です。
なんせ、この問題で何年も困っていましたから。
色々はかどらないんですよー。すぐやりたくなくなっちゃって。

ならば、良いか悪いかで自分を判断する癖やめることにしました~。
そして、ただやめるだけでなく、健康的な他の思考やパターンに置き換えることにしました。

それがこれです。
何かやり始めてもや~っとなってやりたくないなぁ。。。と思い始めたら、また良くできていない自分を責めていないかな?とチェックしてみます。そして、例えばゲームなどを始めたいと思い始めたら自分に聞きます。「そうするのは、心地がいい?」と。あくまで責めない姿勢が大切です。

答えはノーです。だって本当はやりたいことがあるのに、逃げていることを自分でもしっかり意識しながら逃げようとしているのですから。気持ちは嫌な感じです。「まただよ。何やってるんだろう。はぁ。」

逃げる私はダメな私じゃなくて、逃げると心地悪いみたい。
やりたいことを途中悩みながらも続ける私はどうかな?うん。なんだか心地いいみたい。
じゃ、心地良い方やってみる?

そんな風に、監視から、自分の気持ちを大切にする感じに切り替えてみると。。。?
なんだか良い感じです。気持ちが楽なのです。

今までは、ダメ!ヨシ!0点!100点!と自分を監視していた監視員が、「これ心地いい?」「これはどう?」「どうしたら心地よくなるかな?」と言う風に私の気持ちを気遣ってくれる友達に変わったのです。

私と一緒で、自分に厳しい人ほど、厳しい監視員を一人24時間フルに常駐させていて、疲れきっている可能性ありです~。監視員さんにはお休みをあげて、親友を一人連れてきませんか?

あとこれはちょっと違いますが、ノーと言えないから返事が出来ない。やる気がしない、というのもありますよね。
これは、本当は嫌なのに引き受けてしまったから心地よくないパターンです。
「頼まれたことは断ってはいけない。」という思い癖を持っていないか要チェックです!
全部イエスという必要はないのです。
心地が悪いことは、どうして心地が悪いのか説明して相談しましょう~。一人で思い悩んでいるよりずっと解決が早いです。

ブログランキング参加しています。
もしも記事を読んでいいな★と思われたら↓ボタンを押してください。
応援いただけるととっても励みになります☆いつもありがとうございます☆

blogランキング投票ボタン

セッションのご予約、お問い合わせはflourish.session@live.jpまでお願いします。

スポンサーサイト
テーマ: モノの見方、考え方。 | ジャンル: 心と身体
幼児期の厳しすぎるしつけ、いじめ、精神的虐待について | Home | バイロンケイティのスクール

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。