スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィパッサナー瞑想日記その2

そもそもヴィパッサナー瞑想は何かというと、2500年以上前にブッダが行い、悟りを開いた瞑想法です。
ヴィパッサナーには「ものごとをありのままに見る」とう意味があるそうです。

自分の内側で起こっているすべての出来事を、バランスのとれた心で見つめる技を学ぶことで、外側の状況にも執着しないようになります。

そんな風に説明を受けました。

この瞑想が目指すのはあらゆる心の汚濁を取り除き、解脱という究極の目的、人類の苦悩を取り除き、愛と慈悲に満ちた、バランスのとれた心へと導くことです。

言葉で聞くと素晴らしいのですが、はてさて、自分の身体の感覚をバランスのとれた心で観察するとは?
どんな風にするの?そんなこと可能なの?
そんな疑問が私の中にうまれました。

でもそんな心配無用でした。
10日間朝4:30~夜21:00までみっちり10時間瞑想だけ行う中で、きちんと段階を経て私たちの心と身体を観察が出来るレベルに持っていってくれました。
10日間外の世界と遮断することと、誰とも口をきかないことで、他者や自分から発する昔からの習慣でつい出てしまう執着や嫌悪が極端に少なくなります。
ゼロではありませんが。
そうやって初めて自分の内面と静かに向き合うことが出来るのです。
その環境を整えるために、都会から離れた自然の中にセンターが建てられています。
三方を山で囲まれ、見えるものは山か田んぼのみ。
外の世界のことは何もうかがい知ることの出来ない環境での瞑想三昧です。

母に話すと、「変な宗教じゃないの?」と言われそうなので、ごにょごにょとごまかして出かけたのですが、(案の定帰ってきたら言われましたが。)母の心配する変な宗教の持っていそうな要素は皆無!
とてもクリーンな団体です。

そもそも瞑想センターの運営はすべて古い生徒からの寄付で成り立っていて、この10日間のコースも参加費は取られません。(最後に任意で寄付をします。また新しい生徒さんが学べるように。出来る範囲で自分にかかった費用はとりあえずお支払いするくらいの気持ちで。)
何かの宗教に改宗を迫られることは一切ないし(そもそもヴィパッサナー瞑想法は何の宗教にも属さず、どんな宗教の人にも門戸を開いています。)10日間のコースの後この瞑想法が自分には向いていないと思えばそれは構わないというスタンスです。
出来るだけ多くの人に、この良い瞑想法を広めたい、その善意の思いだけで運営されていました。
指導してくださる講師の方も、食事を作ってくださったり色々お世話をしてくださる方も、みんな報酬ゼロの奉仕です。
朝から晩までお食事を用意していただいて、フルに瞑想に集中できるようにご配慮いただきました。
ありがたい~。

とても寒かったけれど、毛布も湯たんぽもたっぷり用意してくださっていて、建築途中だと言うことですが、トイレもシャワーもきれいで広くて、いつでもあたたかいお茶が飲めるようにポットにお茶を入れておいておいてくださってました。

まるで天国~。
瞑想が大変だったので助かりました。

んで、自分の内側に起こっている感覚を感じるようになるという話に戻りますが、ひえー!的な体験でした。
前から感情と感覚は結びついていることは知っていましたし、それを実感していると思っていました。
しかし、その分かっていると思っていたレベルはとてもとても軽かったんです!
今回しっかり身体の感覚と向き合ってみると、なんと自分の身体の感覚に鈍感に生きているのか、がすごくよく分かりました。

感じようとしても感じられない身体の部位のなんとたくさんあることか!
けれども、痛いところの声は異常に大きく聞こえるんです。
「ここ痛ーい!あそこ痛ーい!!とっても痛ーい!!!どうにかしてー!!!!」

ハッとしました。
身体の痛みだけでなく普段の私もそうだな、と思ったんです。
気になるところばかりに意識が行き、そこのことばかり考えてしまうから、バランスがとても悪い。
例えばちょっと嫌な気分になるようなことがあるとそのことばかり考えてしまい、生活の他の素晴らしい点がまるで見えなくなる感じ。
そのパターンがまさに身体レベルで表現されていました。

痛いところは確かに気になる。でも、もしかすると、あまりにもそこにばかり気が行き過ぎているのかもしれない。これは、ちょっと他の麻痺したように何も感じない部分もしっかり感じられるようになろう。
そうやってじっくりじっくりと自分の身体と向き合うように瞑想が始まりました。

色んな心の声も上がってきました。
口もきかない目もあわさない他のコース生の方々との生活の中でふと、自分の人間関係のパターンが上がってきて嫌な思いをしたときも、「あ、これはまさに過去からの投影。」どんなことが起こっているのか、「いやだよ!つらいよ!やめてよー!」と大騒ぎしている子以外にもどんな心の声が私の中にあるのか、本当に私は現実をあるがままに見えているのか、それを自分の身体の感覚を通してじっくりとじっくりと観察していきました。

ただ、ひたすらの自己観察です。
平静な心で。責めたり嫌悪することなく。
頭で心のパターンを捉えるとき、やはり限界があります。
しかし、身体の感覚をじっくりと感じるとき、そこには限界がないような気がします。
もちろん、身体はめちゃめちゃ痛くなります。

私の大きな心の問題と、肩背中の痛みはリンクしていたのですが、始めた当初は背中が痛くて痛くて痛くて痛くてとても座っていられない状態でした。
どうしても痛いのでやめたいのですが、やめてしまっては意味がありません。
「痛い」ことは「辛い」ことだという価値判断も捨てて、「痛いんだな。」と平静な心で観察していきます。

そのうちに最初は痛すぎて良く感じることが出来なかったその部位がもう少しよく分かってくるようになります。
まるで身体の中を旅するように、身体の筋がどんな風にねじれて背中と肩と首と喉と肘に同時に痛みを発するようになったのか、感じることが出来てきます。

すると、あるときふっと痛みが消えます。
私の場合は背中の筋肉のベールが一枚べりべりべりっとはがされたかのように楽になりました。

これの繰り返しで何回も何回も肩、背中はやっていったのですが。

10日目には、肩背中は驚くほどやわらかくなっていました。
ぎっくり腰が治ったという人もいました。

正直、そんな効果はまるで期待していなかったので、ワクワクしてしまったのですが、そこでゴエンカ氏からのありがたい一言。

どんな嫌な感覚にも一片の嫌悪をもたずに観察しなさい。
どんな心地よい感覚にも一片の執着をもたずに観察しなさい。

はい。そうでした。
効果が出るのはあくまで副産物。
ただ、ただ、自分を観察して自分の中でどんなことが起きているのかが、潜在意識が感じているくらいのレベルで自分も感じられるようになったとき、私たちは無意識の反応から解放される。
無意識の嫌悪だけじゃなくて無意識の執着からも。

そうそう、このゴエンカ氏はとてもお話しするのが上手なのです。
たとえ話がふんだんに盛り込まれた誰が聞いても分かりやすい心の話。
私のような仕事をしていないとあまり知らないような心の苦しみの仕組み。
それがとてもとても良く分かるように説明してくださいます。
毎晩1時間半そんな彼の講話を聴かせていただけたのですが(録音です。ゴエンカ氏はいません~。)心が改めさせられるばかりでした。

ある夜ゴエンカ氏は、「私たちは言葉や行動の行為がきれいで美しければ良いと思っているけれど、それは心が伴わなければ何の意味もありません。」とおっしゃっていました。

ドキッとしました。

感謝していなくても「ありがとう」っていったり、優しくしたい気持ちがなくても優しくして、そんな自分をほめたり、こんなにきちんと「行動」できているんだから、私にはもっと良いことがあってもいいはずだとか、もっと感謝されていいはずだと思ってみたり、そんな風にやっている私に気付いたからです。

「私はこんなに素敵なことをしているんだから○○されていいはずだ!」なんて見返りを求めるための道具としてきれいな言葉、きれいな行動をしているだけだったような気がしたんです。
私はこれまでどれくらい本気で心をこめて、見返りを求めずに行動し言葉を発してきただろうか?
深く心に残った一言でした。

いくら表面的にきちんとしているような人でも、あまりうまくいかない、幸せそうじゃない答えはここにありました。いくら、表面的にきれいな言葉を発していても、いくら表面的には正しい行為をしていても、、、。
その根底にあるのが、「もっと私に感謝して~!もっと私を評価して~!もっともっと~!!」というものならば、その言葉も行動もあまり力を発揮できない。
それくらいならやらない方がよかったりする。
やるならやりきる!言うなら言いきる!出し惜しみをしない。
「あんなにやったのに、欲しい結果をもらえなかった。くやしい。次回はもう頑張らない。」ではなくて、「ただがんばりたいから頑張る。」「ただ、やりたいからやる。」結果に執着しない。結果が悪くてもOK。結果が良くてもそれもまたそれ。

等々、いろんなことが頭に浮かび、ハッとさせられ、身体が痛み、自然に癒され(星空がとってもきれいでした!)、多くのことを得た10日間でした。

まだまだ色々な気付き、発見がたくさんありましたが、今日のところはこの辺で。。。


ブログランキング参加しています。
もしも記事を読んでいいな★と思われたら↓ボタンを押してください。
応援いただけるととっても励みになります☆いつもありがとうございます☆

blogランキング投票ボタン

セッションのご予約、お問い合わせはflourish.session@live.jpまでお願いします。
スポンサーサイト
テーマ: 幸せに生きる | ジャンル: 心と身体
いくら食べても食べたりないのはナゼ? | Home | ヴィパッサナー瞑想日記その1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。