スポンサーサイト

アイデンティティ

今日は本から抜粋。自分自身を注意深く観察するなら、自分の中で進行しているものの大部分は、たえず激しく動いている機械的な反応にすぎないことがわかるでしょう。(中略)自己観察によって私たちは、変化してやまない恐怖、欲望、想像などに自分の意識が取り憑かれていることに気づきます。皮肉なことに、私たちはそれらを自己として後生大事に抱え、自分の人生でその正当性を防御しながら、この混沌として無意識的な衝動によっ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。